HOME >不倫調査

不倫調査

不倫調査とは

たまに浮気と不倫は何が違うのですかと尋ねられることがあります。
いろいろと定義があるかも知れませんが当探偵事務所の見解としては不倫という行為はどちらか、又は両方が既婚者であるというのが絶対条件です。
まだ結婚をしていない恋人同士の一方が独身の異性と性交渉をしてしまったとしてもその行為を不倫とは誰も言いません。
これは「浮気」そのものです。
また既婚者でも特に男性なのですが性風俗関係の女性と性交渉していた場合にも不倫とは言わず、やはり浮気と言うのが通説です。

浮ついた心からする異性との性交渉を「浮気」と言うのであれば、「不倫」の場合には根底に重たい恋愛感情があるのかもしれません。
独身女性が既婚者の男性と恋愛関係に陥る行為、既婚男性が独身女性との恋愛関係を「不倫」、既婚女性が独身男性と恋愛関係に陥るのや独身男性が既婚女性と恋愛関係に陥るのも「不倫」ですし、 当然、既婚者同士が恋愛関係に陥るのも不倫と呼ばれ、特にこのケースは「W不倫」とも呼ばれています。
不倫とは「倫理に反する行為」と言うことなのかもしれませんし何か浮気よりも重たいものを感じてしまいます。
ですが結果的には「不倫」も浮気という不貞行為なのです。

昨今、この不倫調査が増加しています。
特に女性の不倫調査が極端に目立って増加しています。

独身女性と既婚男性、既婚女性と独身男性、既婚者同士の不倫とケースも様々ですがやはり既婚女性と独身男性、既婚者同士の不倫関係が目立って増加しています。
それだけ女性の貞操観念も低下してきているのかも知れません。むしろ貞操観念なるものも死語になりつつあるのかもしれません。

そんな中、既婚女性を対象とする不倫調査では確かに勤めに出ている妻の不倫調査は多くなっています。
このケースの多くは不倫相手が同じ勤務先の上司や同僚男性という場合が多く、やはり睡眠時間を除き、夫以上に同じ時間を過ごしていく上で男性としての魅力や優しさなどを感じてしまい、好意から恋愛感情へと発展、不倫関係へと陥ってしまうケースです。

この同じ勤務先というシチュエーションには2人だけの秘密の共有という刺激も加わり、どんどんと深みにはまっていくことも多く、家庭を捨ててまでも関係を続けたいと願う女性も多くなっているみたいです。
また独身女性も既婚上司男性と不倫関係を長く継続、それでも独身男性と交際し結婚へと発展するのですがその上司男性とは信じられないかもしれませんが結婚した後も続いていたというケースもあった程です。

当探偵事務所の不倫調査では専業主婦の不倫調査も多くなってきています。
専業主婦の不倫相手というのはどういった男性だと思われますか?
なんと以前の勤務先の同僚男性であったり、美容師やエステ関係者、ダンスやヨガ、マラソン、スイミングなどの趣味や習い事関係者とまちまちです。
また子供を既に持っていらっしゃる妻も上記の様な関係者ばかりでなく、子供の塾や習い事の関係者から学校の先生、子供の友人の父兄などというケースもあるのです。

不倫調査ではどのような相手であれ、対象者を尾行、追跡することでその不倫実態を掌握し証拠を収めていきます。
そして最終的には不倫相手の身元を特定していきます。

前述したように不倫というケースはどちらか、又は双方が既婚者であるというケースで発生する浮気行為です。
不倫調査の結果得た不倫の確証を基に夫婦間で話し合い、示談で収めるのも、調停するのも、それこそ離婚に至ってしまうのも御依頼者に委ねられますがこちら側に有利になるように調停や訴訟を進めるには肝心な証拠が絶対に必要となってきます。

当探偵事務所の不倫調査では不倫の証拠を必ず押さえます。
もし配偶者に不倫や浮気の懸念があるとお思いであれば、なるべく早急に当探偵事務所の不倫調査を依頼されることをお勧めします。
不倫という関係は根底に恋愛感情があるケースが多く、長くこの不倫関係を続けているカップルは月に1,2度の逢瀬だけでも満足してしまう人も多く、早い時期であると短期間で2人が会うことも多いのです。
結果、不倫関係となって早い時期に不倫調査を実施すれば短期間で不倫の証拠が押さえられるということに繋がり、御依頼者の負担も軽減されます。