HOME > 行動調査

行動調査

当探偵事務所の行動調査

探偵の尾行・張り込み・撮影によって、対象人物の素行を調べる目的で行う業務を素行調査といいます。対象者となった人物の行動を調べるため、探偵業界ではもっと幅広い言い方として「行動調査」とも呼ばれています。

探偵にとっては基本的な業務であり、古くから行われている探偵の代名詞的存在とも言えます。行動を調べることにより判明することは、対象者がいつ・どこで・何をしていたかという時系列の行動になります。対象者の行動にもよりますが、例えば履歴書やプロフィールなどには書かれないことである交友関係や交際相手、訪問先、日常の生活の様子などもわかります。

また、対象者のある行動そのものを証拠撮影したい場合は探偵に依頼して素行を調べることから始めると有効です。浮気の現場を証拠撮影するのも行動を調べることの延長上にあるとも言えます。

このように探偵が行う行動調査は御依頼者様の目的を幅広くカバーするものとしてご利用いただけます。

低料金の行動調査

行動をお調べする料金・費用は当探偵社WEBサイトに明確に記載しています。
※料金表(行動)

当探偵社の行動調査料金は、シンプルな時間料金制です。

低料金・費用をアピールしている探偵事務所・興信所もよく見られますが、ウェブサイトに料金表と料金システムの詳細を載せていなければ説得力に欠けると当探偵社は考えています。この業界ではウェブサイト上で料金も明らかにせずに、安いと言う言葉を使用して集客を計っている探偵社・興信所がけっこうな数で見られるからです。

当探偵社はそのような探偵事務所・興信所とは一線を画し、実際に他探偵社様よりも低料金・費用でサービスを提供しているとの自負がございます。また、経費は尾行を行った際の交通費などの実費です。対象者が頻繁にタクシーを使ったり、遠方に移動するなど、高い費用がかかる場合でなければ通常は低料金で収まります。経費は案件の内容から事前に概算でお見積もり致しております。

行動調査の目的

探偵事務所へ行動調査が依頼される時というのは、ある特定の人の行動を確認したくてもご自身で確認ができない時、と言えると思います。行動を確認したい理由は人によって様々です。

◎子供の素行が気になる時・・・子供の帰りが遅い、非行に走っているのではないかなど、普段の子供の素行を確認したい際に有効です。

◎子供のいじめ被害が疑われる時・・・主に学校帰りの行動を確認し、実際にいじめの現場に遭遇した場合は探偵によってその証拠収集を行うことができます。

◎夫・妻や婚約者、交際相手の浮気が疑われる時・・・浮気調査と同様ですが、対象者の素行を調べることにより、浮気の有無の確認、ある場合はその証拠収集を行います。特に配偶者(夫・妻)の場合はその証拠は訴訟でも用いられます。

◎社員の素行を調べたい時・・・不正の疑いのある社員が接触している人物や出入りしている場所を調べる際に利用されます。

◎新規雇用・中途採用に関する人物の下調べ・・・素行の悪さが疑われる人物の下調べとして行われることもあります。

◎取引先の下調べ・・・本人が話していることが事実かどうかの確認や普段の行動を含めた信用性を計る場合に利用されます。

◎金銭トラブルの相手方(個人・法人)の行動・・・対象者の住んでいる場所や出入りしている場所・取引先などの情報が欲しい時は有効です。

結果報告には報告書を作成してお渡しします。対象者の行動が時系列に記載され、その日の行動を撮影した写真が添付されます。

探偵の尾行により対象者の行動を確認した結果、御依頼者様の思った通りである場合や、予想外の結果となる場合、望む結果である場合や逆に望んでいなかった結果となる場合もあります。探偵が行動を調べることでそれらが明らかになると言えます。

長期ご依頼について

特定人物の行動・素行を調べる上で、1ヶ月間など相当の期間をかけることが必要というケースもありますが、そのようなケースでは費用も大きくなることが想定されます。

対象者の行動を長期に渡りお調べになりたい場合については、別途特別料金にてお見積りをさせて頂きます。

探偵の行動調査技術

尾行と張り込み

尾行と張り込みは探偵にとって最も重要な技術です。行動調査は尾行と張り込みを用いて行われます。対象者の行動を調べるには当然気付かれずに尾行と張り込みを行う必要があり、連日や長期の尾行になっても気付かれぬように行うにはやはり専門的な訓練と経験がものを言います。当探偵事務所に所属する探偵スタッフは十分に訓練と経験を積み重ねています。

探偵の尾行では基本的に対象者と同じ移動手段が使われます。例えば、新幹線に乗る対象者は新幹線に同乗して尾行しますし、自動車なら自動車で、バイクならバイク、自転車なら自転車、徒歩なら徒歩で尾行と張り込みを行います。経費が主に対象者の行動による交通費となるのはこのためです。ただし、対象者と合流する人物があることをメインに調べる場合、相手側がどのような移動手段を使うか不明な場合は事前の予測ができなくなります。こうしたケースでは相手が車で迎えに来ることも想定し、探偵2名のチームにそれぞれ車両とバイクを配備する事が望ましくなります。車両等を配備した場合は経費にはガソリン代、状況によって高速道路代がかかります。

撮影

撮影も探偵に必要な技術です。素行や浮気を調べた際、写真や映像がなければ御依頼者様に十分な報告ができない場合もありますし、特に写真や映像そのものが様々な証拠になる場合もあります。探偵に必要な技術は尾行・張り込み+撮影となります。