HOME >浮気の故意・過失

浮気の故意・過失

浮気の故意・過失

浮気(不貞行為)は不法行為ですが、不法行為の成立要件には「加害者に故意または過失があること」が含まれています。

仮に配偶者の浮気相手が、配偶者が結婚していることを知らず独身だと思い、不倫の自覚がなかったとすれば、 その浮気相手には不法行為が成立しなくなり、慰謝料請求ができなくなります。

このようなケースが考えられるのは、 例えば、夫(妻)が浮気相手に自分は独身だと言って、相手がそれを信じてしまっていたような場合です。

しかし、むしろ現実に多いのは、結婚していることを知っていたのに知らなかったとの言い逃れを主張するケースでしょう。

但し、訴訟においては、その浮気相手は結婚の事実を知らなかったことを自ら証明しなければならず、 また、そもそも相手を既婚者であると一般的に認識できる状況であったならば過失があると判断されます。

相手に言い逃れさせないよう、配偶者と浮気相手のメールのやりとりなどの証拠を確保しておきたいところです。