HOME >浮気・不倫の立証

浮気・不倫の立証

浮気・不倫(不貞行為)の立証

浮気・不倫(不貞行為)は民法709条不法行為に該当しますが、不法行為は被害者側に立証責任があり、不貞行為の場合は浮気された方自らが証拠をもって浮気の証明を行わなければなりません。

浮気・不倫の立証における最も有効な証拠は、浮気現場を写真や映像でおさめたものですが、そのためには通常、尾行や張り込み・撮影などを駆使しなければならず、自らの配偶者の素行を調べて浮気現場をおさえることは、現実的には相当に困難と言ってよいかと思います。

但し、浮気の立証を自ら行わなければならないと言えども、浮気証拠収集は興信所や探偵が行っても問題はありませんし、証明自体は弁護士が浮気された方の代理人として行うことができます。

たとえお一人では困難なことであっても、興信所・探偵や弁護士などのサービスを利用することによって可能になると言えるでしょう。