HOME > 住所調査

住所調査

住所調査とは

住所調査は、文字通り調査対象者の住所を調べるものです。方法としては「情報収集」もしくは「尾行」により判明させます。

住所調査の一つのケースとしては、勤務先はわかるが自宅がわからない場合などに利用されます。

(例)

不倫が原因で自宅を出て行ってしまった配偶者の現在の住所をつきとめる

こういったケースなどに有効です。

完全に行方が分からなくなった人というよりは、どこか一定の場所に住んでいるか滞在しているのが間違いない人の住所をつきとめるイメージです。

住所調査の対象者の例

  • 不倫で家を出た配偶者
  • 配偶者の浮気相手
  • 金銭トラブルの当事者(詐欺師)
  • 誹謗中傷等のトラブルの相手
  • 居所を隠している交際相手 等

当探偵事務所の住所調査の対象となる人は、「不倫をして出て行った配偶者」や「金銭トラブルの当事者」「何らかの事情で居所を隠している交際相手」などになります。

住所を突きとめることによって、浮気の証拠収集が可能になったり、相手方を訴える際の訴状の送達先とするなどができます。

また、相手から嘘の住所を教えられていたような場合には本当の居所がわかります。相手と何処かで会った後に居所を突きとめるために住所調査が用いられたりもしています。

住所が判明すれば訴状の送達先や勝訴後の差押に有効な情報となります。住所調査は訴訟が絡むトラブルから調べる必要性が生じることが多いようです。

尾行による住所調査

尾行で住所を判明させる場合は、出発点(尾行の開始場所)から終点(住所)を目指すため、必ず出発点となる「開始場所」が設定されなければ行うことはできず、原則として対象者の「顔写真」も必要です。

(例)

勤務先から対象者宅を突きとめる場合

→勤務先住所や本人を判別できる写真が必要

何時からスタートするのか、「開始時間」の指定もお願いしております。

また、尾行により住所を調べるご依頼は探偵2名からお受けしております。

勤務先から自宅を突きとめるケース、御依頼者が対象者と会う時間・場所から自宅を突き止めるケースなど、開始条件がございますので詳しくはお問い合わせ下さい。

情報系住所調査

住所調査にはデータ情報から情報収集してつきとめる調査があり、案件内容によってはそちらをおこなった方がよいケースがあります。

マンション・アパートの部屋番号を調べるケース

例えば、尾行で調べた際、オートロックマンションやタワマン、アパートなどの建物内で部外者が全く入る事ができない場所に対象者が入ってしまう場合がございます。

入った場所はわかっても「部屋番号」がわからない状況となりますが、こうした場所への出入りは法的にも入る権限を探偵は有しておりません。

こういったケースにおいて有効な調査方法があります。

尾行ができない相手の場合

そもそも尾行の開始場所が設定できない、顔写真がない、よく知らない人物である等、尾行では突きとめられないケースでは情報収集による住所判明が有効です。

例としては携帯電話番号から住所をつきとめることも可能です。

携帯電話番号調査

調査対象者の情報の例

  • 氏名(名前の一部)
  • 生年月日
  • だいたいの住んでいる地域
  • 過去の住所
  • 勤務先
  • 携帯電話番号
  • 車・バイクのナンバー
  • 銀行口座 等

その他、調査対象者に関するご存知の情報を全てお知らせくだされば、別のアプローチから住所調査を行うことが可能となります。

住所を隠す理由

人が住所を隠す原因として最も多いのが「異性問題」「金銭問題」です。

「異性問題」では、不倫や駆け落ち、真剣ではない遊びの交際といった理由が考えられ、「金銭問題」では、借金の踏み倒しや金銭を騙し取る詐欺が理由として挙げられます。

住所を調べるためには尾行の開始場所を設定する必要があります。開始場所が設定できない場合は別の方法で調べる必要があります。

不安を感じるような相手には、完全に消息が掴めなくなる前に最低でもどこかで本人に会う機会のあるうちに調べたほうがよろしいのではないでしょうか。

住所調査の料金・費用

住所調査の料金・費用は探偵によってそれぞれ異なります。

下記の内容をご参考ください。

このような料金の業者にはご注意

  1. 「着手金」や「追加費用」が必要
  2. どんなケースでも「尾行」を提案する

「着手金」が必要な業者に依頼すると、全く何もわからなくても着手金の分の支払いが発生しますので、最初から調査で判明させる気もない業者にお金(着手金)を支払ってしまうという事態が起こり得ます。

また、最初に安い見積りでも後から「追加費用」を請求されるケースがありますので、事前に確認されるのが無難です。

②どのようなケースでも「尾行」による調査を提案してくる(尾行しか提案しない)業者にも要注意です。

尾行での判明を行う場合、住所判明までの時間や日数が長くなれば、それだけ延長料金などで費用が高くなります。

さらに上述のように最終的に部屋番号がわからなかった、というようなケースもありますので、なぜ尾行の方が良いのかをしっかり説明できる業者をお選びください。

当社の料金制

尾行で判明させる場合は「尾行調査料金」が適用されます。

調査料金表の計算方法をご参考ください。

情報収集調査につきましては、原則として「完全成功報酬制」を採用しております。

当社の「完全成功報酬制」では住所の結果が出なかった場合は料金・費用はいただきませんし、着手金や追加費用もございません。

詳しくはフリーダイヤル(0120-08-1119)もしくはお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。

住所調査の事例

事例1旦那の不倫相手の住所調査
状況 旦那の携帯電話から不倫相手の携帯番号情報を入手、相手とのやりとりの内容からおおよその年齢や住んでいる地域などがわかっている。
結果 御依頼者が手に入れた情報から速やかに不倫相手の住所を突き止めた。氏名についても判明、初めて聞く名前であったとのこと。
事例2ネットで知り合った彼氏の住所調査
状況 交際から6ヶ月が経つがいつまでたっても自宅に招いてくれない。相手は独身だというが、泊まりに行きたいというとちょっと不機嫌になり、結局いつも私の家に彼氏が来ている。
結果 御依頼者に提供していただいた彼氏の情報から、とある一軒家に住んでいることが判明。確認できる情報だけでも家庭持ちであることが濃厚、どうやら奥さんがいることを隠しているため家に来られるのは都合が悪かったようだ。
事例3お金を貸したまま逃げられてしまった相手の住所調査
状況 出会い系で知りあった女性と交際関係になり3ヶ月が経過。頼まれてつい数十万円のお金を貸してしまったが、返済の約束は守られず連絡を断たれてしまった。
結果 御依頼者から提供していただいた真偽不明のものも含む複数の情報から本人の住所割り出しに成功。聞いていた名前も嘘であったことが判明した。