HOME >他人の銀行預金・銀行口座を調べる

他人の銀行口座を調べる

他人の銀行口座を調べる

借金や慰謝料問題など、他人との金銭をめぐるトラブルは日常の中にありふれています。貸したお金が返ってこない、約束の金額が振り込まれない、家賃をずっと滞納されている……このようなトラブルは一刻も早く解決したいものです。しかし、いくら催促をしても注意をしても、「今は払えるだけの余裕がない」「お金がない」と言い逃れする人もいます。人それぞれ事情があるものの、約束して借りたお金を返すのは当然のことです。本当に貯蓄がないのか、返せるだけのお金がないのかを確認するためには、他人の銀行口座を調べる「銀行口座調査」が有効です。

また、今後相続するであろう金額を事前に知っておきたいため親の貯金額を確認したい、離婚するにあたって共有財産がいくらあるかを知っておきたいなど、貸し借りトラブル以外の金銭問題もあります。これらについても、銀行口座調査が有効です。

今回は、銀行口座調査とは一体どのようなものなのか、他人の銀行口座を調べる方法などについてご紹介します。

銀行口座調査とは?

銀行口座調査とはその名の通り、既存の他人の銀行口座を調べるというものです。銀行口座調査にはいくつかのパターンがあります。

  • 対象者(個人)が所有する銀行名や支店名、口座種類、口座番号、残高の調査
  • 対象者(法人)が所有する銀行名や支店名、口座種類、口座番号、残高の調査
  • 銀行名や支店名、口座種類、口座番号から残高を調査

1.  対象者(個人)が所有する銀行名や支店名、口座種類、口座番号、残高の調査

銀行口座の内容が知りたいが、対象人物が使っている銀行名や支店名の時点からわからないという方におすすめの調査です。

対象者の氏名や住所、生年月日、電話番号などをもとに、所有している銀行名や支店名、口座種類、口座番号、そして残高まで調べることができます。

2.  対象者(法人)が所有する銀行名や支店名、口座種類、口座番号、残高の調査

銀行口座調査の対象となるのは個人だけではありません。企業などの法人の銀行口座を調査することも可能です。この場合も、調査対象の法人名、所在地、代表者氏名、住所などの情報から、所有している銀行名や支店名、口座種類、口座番号、そして残高まで調べることができます。

3.  銀行名や支店名、口座種類、口座番号から残高を調査

すでに銀行名や支店名、口座種類、口座番号は判明しているという場合は残高だけを調べることも可能です。ただし、口座情報に誤りがあると調査が難航する可能性もあるため、情報に間違いはないか、口座番号がしっかりと合っているかなどをしっかりと確認しておくことが大切です。

これ以外に、口座所有者の住所特定をするという調査もあります。上記3つの調査とは反対に、対象者の氏名や所有している銀行名、支店名、口座種類、口座番号などの情報から、相手の住所を特定します。

ある口座にお金を振り込んだものの相手から何の連絡もない、過去に教えてもらった口座番号の所有者を知りたいなど場合に活用できます。

銀行口座調査はどのような人が利用している?

配偶者の貯蓄額が知りたい方

夫婦だからといって相手のすべてを知っているとはいえません。近年では共働きが増えていることもあり、財布を別々にしているという夫婦も多いものです。夫や妻がいくら貯蓄をしているのかを知りたい、夫婦の共有財産としての貯金額を確認したい、離婚をするにあたって相手の経済状況が知りたいなどの事情から、銀行口座調査を利用する人は多いものです。

婚約者の貯蓄額が知りたい方

結婚とは生涯添い遂げるものであり、相手と協力をして生活を送っていくものです。安定した生活を送るためには、相手の懐事情はとても大切なポイントとなります。結婚をしてから実は多額の借金があった、貯蓄額がゼロで自転車操業だった、ということが判明するのでは遅いのです。

相手の残高を知っておくことで、しっかりと貯蓄ができる人間なのか、借金や浪費癖はないかなどを知ることができます。結婚前にはいろいろと不安になることもあると思いますが、銀行口座調査をしておくことで自分の心を落ち着かせる1つの要素となるでしょう。

親や家族の貯蓄額が知りたい方

家族の懐事情を知るために銀行口座調査を利用する方も少なくありません。財産分与や相続でのトラブルを回避するためにあらかじめ親の貯金額を知っておきたい、家族が隠している口座がないかを調べたいなど、さまざまな事情からニーズがあるのです。

お金を貸している相手の残高が知りたい方

「過去に貸したお金が返ってこない」「返済の催促をしても応じてもらえない」このようなケースから、お金を貸している人つまり債務者の銀行口座を調べたいというニーズもあります。預金残高を調べたと言えば、返済に応じてもらえるようになる可能性があります。

出資相手の貯蓄額が知りたい方

出資は必ずしも利益が出るものではありません。しかし少しでもリスクを減らし、相手を心から信用したうえで気持ちよく出資支援をしたいものです。懐事情がすでにマイナス、もしくは残高がとても少ないという人に対しての出資はリスクが高いといえます。

出資をするにたって相手が本当に信頼できる人かを知るためにも、銀行口座調査が役立ちます。

取引先の銀行口座内容が知りたい方

企業間の取引の前に、相手企業が本当に支払い能力があるのかなどを知るため、銀行口座調査を利用されるケースもあります。あらかじめ相手企業の懐事情を調査しておくことで、請求額の未払いトラブルのリスクを下げることができ、安心して取引ができるでしょう。

また近年ではフリーランスで仕事をする個人事業主も増えており、副業ビジネスなども広まっています。このような相手と取引をする際にも、事前に銀行口座調査を利用する方が増えています。

銀行口座調査の方法とは?

他人の銀行口座を調べるには興信所に依頼するのがおすすめです。一個人が銀行名や口座番号から残高を調査するのは不可能に等しいためです。

銀行口座調査に実績のある興信所に依頼することで成功率が高く、さらにスムーズに調査が進みます。得られている情報が多ければ多いほど調査期間も短く済み、調査の難易度が下がるため調査料金を抑えることにもつながります。氏名や生年月日、住所、電話番号のほか、ご実家の住所や前に住んでいた家の住所などが分かる場合は情報として共有するのがおすすめです。

他人の銀行口座を調べる

銀行口座調査をすることで、残高以外の部分が見えてくることもあります。

他人の銀行口座を調べたいという方は、ぜひアーガスリサーチにご相談ください。創業40年以上を誇る当興信所は、銀行口座調査の実績も多数ございます。長年にわたる実績で培ってきた調査能力で、スムーズかつ正確に調査結果をご報告させていただきます。

また、当興信所は明確な見積もりと、安価な料金でもご好評をいただいています。高額な金額を請求されてしまうのではないか、興信所の利用が不安という方でもご安心してご契約いただけます。ご相談やお見積りは無料でおこなっておりますので、調査をしてみたいとお考えの方はまずはお気軽に無料相談にお申込みください。

TEL: 0120-08-1119

無料相談!まずはお問い合わせ下さい。

Webでお問い合わせはこちら