HOME >浮気と不倫の意味

浮気と不倫の違い・意味

浮気と不倫は何が違う?

たまに「浮気と不倫は何が違うのですか?」と尋ねられることがあります。

  • 不倫=既婚者が配偶者以外の人物と関係を持つこと
  • 浮気=恋人の一方が独身異性と関係を持つこと
  • いろいろと定義があるかもしれませんが、一般的な見解としては、不倫という行為はどちらか、又は両方が既婚者であるというのが絶対条件です。

    まだ結婚をしていない恋人同士の一方が、独身の異性と性交渉をしてしまったとしてもその行為を不倫とは誰も言いません。

    これは「浮気」そのものです。

    また既婚者でも特に男性なのですが、性風俗関係の女性と性交渉していた場合にも不倫とは言わず、やはり浮気と言うのが通説です。

    浮ついた心からする異性との性交渉を「浮気」と言うのであれば、「不倫」の場合には根底に重たい恋愛感情があるのかもしれません。

    • 独身女性と既婚男性の恋愛関係
    • 既婚女性と独身男性の恋愛関係
    • 既婚女性と既婚男性の恋愛関係

    これらは全部「不倫」となります。

    当然、既婚者同士が恋愛関係に陥るのも不倫と呼ばれ、特にこのケースは「W不倫」とも呼ばれています。

    不倫とは「倫理に反する行為」と言う意味であり、何か浮気よりも重たいものを感じてしまいます。

    ですが結果的には「不倫」も浮気という不貞行為なのです。

    昨今、この不倫調査が増加しています。
    特に女性の不倫調査が極端に目立って増加しています。

    独身女性と既婚男性、既婚女性と独身男性、既婚者同士の不倫とケースも様々ですがやはり既婚女性と独身男性、既婚者同士の不倫関係が目立って増加しています。

    それだけ女性の貞操観念も低下してきているのかも知れません。むしろ貞操観念なるものも死語になりつつあるのかもしれません。

    そんな中、既婚女性を対象とする不倫調査では確かに勤めに出ている妻の不倫調査は多くなっています。

    このケースの多くは不倫相手が同じ勤務先の上司や同僚男性という場合が多く、やはり睡眠時間を除き、夫以上に同じ時間を過ごしていく上で男性としての魅力や優しさなどを感じてしまい、好意から恋愛感情へと発展、不倫関係へと陥ってしまうケースです。

    この同じ勤務先というシチュエーションには2人だけの秘密の共有という刺激も加わり、どんどんと深みにはまっていくことも多く、家庭を捨ててまでも関係を続けたいと願う女性も多くなっているみたいです。

    また独身女性も既婚上司男性と不倫関係を長く継続、それでも独身男性と交際し結婚へと発展するのですがその上司男性とは信じられないかもしれませんが結婚した後も続いていたというケースもあった程です。

    不倫の特徴

    配偶者がある者(結婚している者)が配偶者以外の異性と性的関係を持つことを不貞行為と言いますが、 もっと一般的な言い方では「浮気」もしくは「不倫」と呼ばれます。
    ただ、配偶者を持たない者同士の浮気は不倫とは言いません。

    浮気という言葉には、心が定まらないという意味合いがあり、遊び的な軽いノリが感じられなくもないですが、一方で不倫という言葉には、倫理から外れたという意味があり、反モラル、後ろめたさや重さが感じられます。

    実際、未婚の恋人関係の浮気などと比較して、不倫の場合は深みにはまっているケースが多く見られ、子供がいるケースやいわゆるW不倫になると問題も深刻になります。離婚や訴訟、慰謝料、親権なども関係してきます。

    探偵目線で考えると、浮気の証拠の持つ意味合いが異なってきます。

    婚約関係でも内縁関係でもない恋人関係の場合は、浮気の証拠を取得しても当事者間のみの解決手段にとどまり、不倫のケースでは取得した証拠が訴訟において不貞行為の証拠として認められることになります。