HOME >探偵とは

探偵とは

探偵の基本

「探偵」という言葉は聞いたことがあっても、多くの方は実際に探偵がどのような仕事をしているのかはあまりご存じないのではないかと思います。

ドラマや映画、小説などでも取り上げられることが多いですが、実態は異なっていますので、探偵について基本的なことを記載してみます。

探偵の定義

一般的に探偵は浮気調査や素行調査などを主な仕事としています。

平成18年に「探偵業法」という法律ができたのですが、探偵業務については以下のように定義されています。

(定義)
第2条
特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

同法によれば、探偵は聞き込み・張り込み・尾行・その他の類する方法を用いて、結果を御依頼者様に報告する業務を行い報酬をもらう職業ということになります。

浮気調査などの現場に出て尾行や張り込みを行う、もしくは聞き込み・内偵を行う者は一般的に「調査員」と呼ばれ、御依頼者様からのご相談を受けたり、契約事務や連絡担当・結果のご報告などの業務を行う者は「相談員」と呼ばれます。

もちろん調査員と相談員を兼ねている者もいます。

探偵になるには

ちなみに探偵になるには、大きくわけて3つの道があります。

  • 一部探偵社が運営している探偵学校に入学する
  • 調査員・スタッフを募集している興信所や探偵事務所に採用される
  • 探偵事務所を開業する

現在、探偵業法により、探偵業を営む(探偵と名乗る)場合は管轄の警察へ届出をしなければならないと定められています。

ですので、個人及び法人が開業・営業する場合はいずれも届出が必要です。